teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ちょっと、お願い!

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2009年 1月 6日(火)21時32分18秒
返信・引用
  「発達障害のこころ!」

最近、やっぱり確信した事があります。

それは、

「発達障害」の人達は、言葉に悩んでいる。と言う事です。

「発達障害」の人達の心を考えてみると・・・・。


・自分の事をうまく説明できない

・相手の事もうまく理解できない

・表情を読んだりする事が苦手

・言葉の意味だけを理解しようとしている

・非常に真面目

・冗談が通じない

・言葉の中の抑揚が理解できない


これらは、実戦で感じている事なのですが、

そう言う事をまとめてみると、やっぱり・・・!

言葉の上では、外国の人と同じなのではないだろうか?

日本人が英語をうまく話せないし、英語をうまく聞き取れない!

外国の人達には、

「ボディランゲッジ」を活かして、自分を表現できる。

しかし「発達障害」の人達には、その手法もうまく使えないのかも?

やっぱり、そう考えると全てが納得出来る様な気がする・・・?


そこで、お願いがあります!

出来れば、「発達障害」の人達と「ボディランゲッジ」で

話を出来ないかと言う事を試してもらえないでしょうか?

そうすれば、言葉の表現を補う事が出来るかも知れない?

そして、その結果も教えて頂きたいのです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
 

「障害」というより「特質」

 投稿者:AZ  投稿日:2009年 1月 5日(月)11時54分26秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

さて、表題ですけど、
「障害」と言うと「不自由」とか「治らない」「普通ではない」というイメージがあるように感じているんですが、
事、発達障害に限って言えば、これは「特質」と思っても良いのではないかと思うようになってきました。
音や光に過敏だという「特質」。じっとしていられない「特質」。
数字に興味がある「特質」、漢字に興味がある「特質」。
うまく言葉に出来ない「特質」、人の表情を読むのが不得手な「特質」。

goo辞典によると、

障害・障碍 【しょうがい】
〔「障がい」と表記する場合もある〕
(1)物事の成立や進行の邪魔をするもの。また,妨げること。
(2)身体の器官が何らかの原因によって十分な機能を果たさないこと。また,そのような状態。
(3)個人の特質としての機能障害(impairment),そのために生ずる制約としての能力低下(disability),その社会的結果である社会的不利(handicaps)を包括する概念。

「障害」があって困る事があると言うより、
「障害」に起因する「特質」が周知されていない という感じ。
確かに脳内で機能障害か何かが起きているのでしょうけど、
それを補う・補助する方法もあるのに 周知されていないから「困難な障害」になってしまっている。
身体障害の場合には、杖や車椅子、補聴器、介助具などと共に点字やスロープ、筆記具設置、手話、
車椅子の絵の身体障害者を表すマークなどの補う道具がありますけど、
発達障害の場合には、精神・知能遅滞も含めて、それを補う道具、表す道具は、
あっても周知されていないし、手にするのも困難。まず、探すところで躓いてしまってます。
こういう事も、「障害」たらしめんところかなぁ・・・と。
 

年末のごあいさつ

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年12月29日(月)19時18分0秒
返信・引用
  「年末のご挨拶」


まだまだ、31日には時間がありますが、

とりあえず、年末のご挨拶をさせて頂きます。

本当に今年一年、いろいろとありましたが、

本当にありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

本当に知って欲しい事!」

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年10月25日(土)14時04分58秒
返信・引用
  「本当に知って欲しい事!」


「発達障害」と言う物は、「障害」と言われますが、

実際には、一般の方が思っている様な事はないのです。


目に見えないものだから、

一般の人はそれをためしてみたくなるのでしょうね?

そして、茶化してみたり、イタズラしてみたりするのでしょう。

ただ、そんな事が「いじめ」に繋がったりしてしまって、

「不登校」や「引きこもり」になるケースもあるんです。


僕が思うに、

「発達障害」の人達は自分の事も良く判っています。

そして出来るだけパニックにならないように気をつけようと

「我慢」をしている事も事実だと思います。


しかし、一般の人達が余りに無茶をするから、

「発達障害」の人達の感情ではどうする事も出来ない

「スイッチ」が入って、「パニック」を起こすのです。


そして、その光景をあざ笑うように見つめる人もいる。

人の苦しんでいる事を、面白おかしく楽しむ一般人!

僕には、この様な人達が許せない!

それが

大人だけでなく、子供達や、先生達まで面白半分に行動する!

むしろ、「スイッチ」の入らない様に、配慮すべきではないのか?


多くの子供達を指導する人達は、

「してはいけない事」「してあげるべき事」を教えるべきではないのか?


「発達障害」の人達の「パニックになるスイッチ」は、それぞれ違う。


だからこそ、その「スイッチ」を理解して、

その「スイッチ」を「ON」にしない努力をすべきだと思うのだ。

「相手を思いやる心」を、今の教育は教えないのだろうか?

「相手への思いやりの心」を、家庭でも教えなくなったのだろうか?


ここまで読んで頂いた方へ

「発達障害」の人達の「スイッチ」を早く見つけてあげて下さい!

そして「スイッチ」が入らない配慮や対処方法も考えてあげて下さい!

「スイッチ」が「ON」にならなければ、

言われ無き迫害を、受ける事も無くなると信じて・・・・。
 

甘えたい・・・でも・・・

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年 9月24日(水)16時45分5秒
返信・引用
  子供達の行動を見ていると、親に甘えたいと言う行動を取る事があります。

でも「発達障害」の子供達は、その甘え方さえも、理解できないかも知れない?

そしてある意味、悪ふざけの様に見えるのかもしれない・・・・。

これは今の一般の子供達にも、あるいは大人の人達にも言えるのかも知れない。

自分の個性を出し方を・・・・。

自分を知ってもらう方法を現代人は忘れたのかも知れないですね?
 

性格から考える?

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年 9月22日(月)16時42分49秒
返信・引用
  「発達障害」の人達は、本当に真面目な人が多い。

そして、「イエス」と「ノー」がハッキリしている。

逆に言えば、あやふやな表現が苦手なのだ。

また冗談を言われても、その事については理解出来ないでいる。

周りの人達が言った事や、本人にされた事の意味があまり理解出来ない!
それは、良い事であれ、悪い事であれ、同じ事なのだろう。

教えるものとしては、それを肝に銘じておかなければならない!
それが親であれ、教師であれ、指導者であれ、
理解して話したり、行動しなければ、間違った理解をさせると
考えてもらいたい・・・。
 

言葉を教える事の難しさ!

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年 9月 4日(木)10時56分28秒
返信・引用
  今まで、子供達の言葉を理解しようと言う事を中心に考えていた様に感じます。

しかし逆に考えれば、子供達に言葉をどの様に教えたら良いのかと言うのも、大変難しい問題ですね?
 

Re: 理解するスピード?

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年 7月 4日(金)17時09分29秒
返信・引用
  > No.135[元記事へ]

AZさん

言葉を理解しないではなくて、

言葉を理解出来るように、こちらが努力する!

この様な方向に、今まで持っていっていなかったのでしょうか?

療育も、本人が理解するように指導してるようですが、

本来は僕らが、理解出来る話し方をしてあげなければいけないのでしょうね?
 

Re: 理解するスピード?

 投稿者:AZ  投稿日:2008年 6月20日(金)22時59分34秒
返信・引用
  > No.134[元記事へ]

大人でも、習ってはいても 英語はゆっくりしゃべって貰わないと聞き取れないですもんね。
しゃべったり書いたりは そこそこ出来たとしても、ヒアリングは難しいです。
だからか、学校の英語の授業に「ヒアリング」が導入されたし、
小学校の国語のテストでも、日本語での「ヒアリング」があります。
英語のと日本語でのとでは目的が違うかもしれませんが、
どちらからも ヒアリングの重要性や難しさが分かると思います。
日本語で話をしているテープを聞きながら、テストの設問に答える・・・
これが、聞き漏らしていたり 勝手な理解で覚えていたり、色々な間違いがあると思いますから、
「それが英語ならなおさら」と同様、
「それが発達障害児なら なおさら」って何の不思議もなく理解できますよね。

似たような話で、
耳が不自由な方々の・・・なんて言いましたっけ(;^_^A 口の動きで言葉を読み取る方法。
あれなんか、毎日何度も見ている口の動きなのに、
いざとなったら 意識していないから分からないですよね。
ゆっくり話しても分かり難い場合、これと同様に音の違いが区別できていないという事もあるんじゃないかなぁ・・・
なんて思った事がありました。
そういう切り口で研究している人を知りませんけど、
方言なんかも 慣れていないと聞き取れないし、
「ひ」と「し」を区別して発音できない・聞き取れない人は 普通にいますしね。
 

理解するスピード?

 投稿者:子育てリンクス  投稿日:2008年 6月 5日(木)20時46分26秒
返信・引用
  「やっぱり・・・?」


今、CMを見ていて、確信となりました!

音の聞こえにくい人には、普通のスピードで話しても、

聞こえにくい事が多いそうだ。

その様なCMを今知りました。

つまり、「発達障害」の子供達にも言えるのではないのでしょうか?

前にも書きましたが、理解しやすい言葉のスピードがある!


一人ひとりが、理解しやすいスピードは違うでしょうから、

その話を理解しやすいスピードを突き止めれば、

ひょっとしたら、今までの苦労が一変に解消できる可能性有り!


皆さん一度、試してもらえませんか?

本などを読み聞かせて、スピードを変えて読んで見て下さい。

その中で、覚えている部分とそうで無い部分があれば、

話のスピードによって、理解が変わる事が証明される!

是非、お願いします。

そして、結果が判れば教えて下さいね?
 

レンタル掲示板
/15